ホリスティックな観点で心と体・魂の融合を貴方に寄り添いお手伝いさせて戴きます♥   

★無料★ユニバーサル・マインドからの《高次元マスター系》ヒーリング★Vol,1

2017年06月22日 16:44

★無料★ユニバーサル・マインドからの《高次元マスター系》ヒーリング★Vol,1

各アチューンメントエネルギーを
グレート・ユニバース(宇宙意識)を使用し
お試し一斉ヒーリングの施術をしてあります。

皆さま!無料にて全てのエネルギーをお試し戴けます。

✨一番最初にご参加の場合は《お名前》と《ご住所》で
ヒーリング参加の許可設定をさせて戴きますので
お問い合わせフォームより「ユニバーサル・マインドからのヒーリングに
参加する許可設定をして下さい」と備考欄に記載下さいませ。

※ご連絡ない場合はヒーリングにご参加できませんのでご了承くださいませ。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ヒーリング共通の詳細】

●お願い事は1度のヒーリングにつきお一つでお願い致します。

●一エネルギーにつきお試しヒーリングの受け取りは一回でお願いします。
 
●お願い事は、お受け取りされるエネルギーの内容と
 違ったお願い事で大丈夫ですが、各ヒーリングの内容に沿った
 お願い事ですと尚GOODです。
 お願い事をしないで、通常のお受け取りでも勿論OKです!
 
●お受け取り期間は特にありません。

●どれにしようか迷った時は直感で選んでみましょう!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
【共通の受け取り方】

 
◎お好みのヒーリング(アチューンメントエネルギー)をお選びください。
 
◎リラックスできる場所と時間を選び
「これから私はユニバーサル・マインドからの●●のヒーリングを受け取ります。」

例:アポロエンパワメントなら ●●の部分は“アポロエンパワメント”を入れて宣言してください。
 と宣言しましょう!
 
※宣言されますと受け手それぞれにユニバーサル・マインドからを通して
 ヒーリングエネルギーが必要なだけ流れます♥
 
◎お受け取り後は、動いてしまっても構いませんが
 出来ましたら、数分リラックスした状態いましょう。
 
※ヒーリング前後は「お水」を多めに飲みましょう。
 
※各ヒーリングエネルギーに対するブロックがあれば除去されるように設定してあります。
 ブロック除去には個人差があります。
 
※各グレート・ユニバースからのヒーリングは、関連性があります!
 できる限り多くのヒーリングのお受け取りを推奨します(*^_^*)
 
※各ヒーリングの間隔は最低1日は開けましょう。
 
※体感、効果までの期間、効果は個人差があります。

※好転反応が出る場合があります。

※アチューンメントご希望の場合はエネルギータイトルをクリックして
 詳細をご覧になってからお申し込みください。

※クリック出来ないものは準備中です。お値段等お問合せ下さい♥

【ページ先頭へ】
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【高次元マスター一覧①】

★高次元マスターのエネルギーになります。
ここにない天使のエネルギーは他のカテゴリーをお探しください。


【アクショービヤエンパメント】(阿しゅく如来)

阿しゅく如来は密教における金剛界五仏の一で、金剛界曼荼羅では
大日如来の東方(画面では大日如来の下方)に位置します。
唯識思想でいう「大円鏡智」(だいえんきょうち)を具現化したものとされます。
また胎蔵界の東方、宝幢如来と同体と考えられています。
梵名のアクショービヤとは「揺るぎない」という意味で、
この如来の悟りの境地が金剛(ダイヤモンド)のように堅固であることを示しています。

≪こんな方にお勧め≫
心を無にするサポートをしてほしい。煩悩を消し去りたい。

【アポロエンパワメント】

アポロは光・予言・音楽の神です。
アポロはアポロンApollon【太陽神】とも言われます。
主神ゼウスとレトとの息子で、アルテミスとは双子。
後期には光明神の性格を持つことからヘリオスと混同され、
太陽神とされたが、元は予言と牧羊と音楽(竪琴)と弓矢の神。
諸説ある「オリュンポス十二神」にほぼ確実に名を連ねる。
また、あらゆる知的文化的活動の守護神とされ、
詩神ムサイを主宰するとともに、オルフェウス教の伝説的開祖である
詩人オルフェウスの父親ともされる。
アポロンは、のちにローマ神話にも取り入れられ、アポロの名で呼ばれるが、
ほとんど太陽神として信仰された。
( Wikipedia )』 http://ja.wikipedia.org/wiki/より、抜粋

≪こんな方にお勧め≫
パワフルになりたい。音楽の才能の加護をしてほしい
強い太陽のパワーで守ってほしい。見守ってほしい。


【アモーガシッディエンパメント】

アモーガシッディ(不空成就如来)は密教における金剛界五仏の一尊で、
金剛界曼荼羅では大日如来の北方(画面では大日如来の向かって右方)に位置します。
仏の悟りの境地のうち、唯識思想で言う「成所作智(じょうしょさち)を具現化したものです。
これは、何事にも囚われず、成すべくことを成し遂げる意です。
原語の「アモーガ」は「空(むな)しからず」という意味で、
目的を達成させる為に成すべき事を成就させる智慧を授けるといわれいます。
密教における大日如来の5つの智慧を表す五智如来の一尊で、
釈迦如来と同一視される場合があります。

≪こんな方にお勧め≫
集中力がほしい・努力の成就の加護がほしい・受験・面接・試験など


【ヴァイローチャナエンパメント】

ヴァイローチャナ(毘盧遮那仏)は、大乗仏教における仏の一つです。
毘盧遮那とはサンスクリット語の「ヴァイローチャナ」の音訳で
「光明遍照」(こうみょうへんじょう)を意味します。
「毘盧舎那仏」とも表記されます。
略して盧遮那仏(るしゃなぶつ)、遮那仏(しゃなぶつ)とも。
史実の人物としてのゴータマ・シッダールタを超えた宇宙仏(法身仏)。
宇宙の真理をすべての人に照らし、悟りに導く仏。
毘盧遮那仏については、華厳経に詳しく説かれています。
真言宗などの密教における摩訶毘盧遮那仏(マハー・ヴァイローチャナ)は
大日如来と呼ばれ、宇宙そのものと一体と考えられ、
あまねく宇宙を照らす存在と考えられています。

≪こんな方にお勧め≫
悟りに興味がある・宇宙のエネルギーに興味がある


【ヴァジュラサットバ・エンパワメント】~守護~

ヴァジュラサットバは金剛薩埵(こんごうさった)のことです。
ブッダ様のガードマン(守護神)
一般にはあまり知られていないが中期密教においては、
大日如来の教えを受けた菩薩で、密教の第二祖とされました。
後期密教においては、(法身普賢(普賢王如来)、金剛総持と並んで)本初仏へと昇格しました。
金剛(ダイアモンド)のように堅固な菩提心を持つと称されています。
金剛薩埵は金剛手秘密主菩薩(ヴァジュラパーニ・グヒヤパティ)ともいい、
また金剛手は、またの名を散那(Sandah、サンダ)ともいう。
その由来は、ギリシャとインドの文化が融合したガンダーラ美術にしばしば登場する、
ブッダを守るこん棒を持つ神=執金剛神ヴァジュラパーニにさかのぼる事が出来る。
同じヴァジュラパーニである、インドラ神(帝釈天)とは違い、
本来はヤクシャ(夜叉)あるいはグヒヤカ(密迹、みっしゃく)とも呼ばれる下級の鬼神である。
日本の密迹金剛力士はこの時点で派生した神である。
ウィキペディア( Wikipedia )より抜粋

 

【ページ先頭へ】

●ヴァジュラパーニエンパワメント

 ブッダ様のガードマン(守護神)
手に持ってる武器、金剛杵 (こんごうしょ)
仏教ではあらゆるものを打ち砕き、煩悩を砕き悟りの心を開くと言われている
ヴァジュラパーニは日本では執金剛神(しゅこんごうしん)、
または、金剛手、持金剛とも呼ばれて親しまれています。
執金剛神(しゅこんごうしん)は、金剛手、持金剛とも称される、
仏教の護法神・夜叉神である。
 
ウィキペディア( Wikipedia )より抜粋

【Wisdom for life( 文殊菩薩)】生活のための智慧

文殊菩薩は数ある菩薩の中で「最も優れた智慧」を持つ菩薩です。
姿は、一般的に、獅子にまたがり、右手に剣、左手に経巻を持つお姿が有名です。
剣は、その智慧が鋭く研ぎ澄まされている様を、
獅子はその智慧の勢いが盛んであることを表現しているとされています。
元々は 実在した人物で舎衛国のバラモンの子といわれ
仏典編纂に関わったと言われています。
普賢菩薩とともに釈迦如来の脇侍として従っていたようです。

【こんな方にお勧め】
●今ある幸福を増幅する●周囲との親睦を深めたい●魔的なものを払いたい
●無病息災祈願●車などを扱う際の交通安全祈願
●努力している者の苦労を和らげるサポート

【エリクサーⅡ】

 13人のアセンテッドマスターのエネルギーコネクションを作ります。
そのエネルギーで、カード、エッセンス、オイル、宝石、クリスタル、
水等にリンクを作ることが出来るようになります。
 
●Buddha(ブッダ)

:内なる幸せ・喜び・魂の成長と理解
●Sanat Kumara:(サナト・クマラ)

負の存在と低次のエネルギーの向上・ヒーリングワーク・場の浄化
●Jesus(ジーザス)

:天の導きと教え・許し・癒し・明示
●Abundantia(アバンダンティア):

豊かさをひきつける・投資の指導
●Maitreya(マイトレーヤ)

:喜び・笑い・ユーモアのセンス・平和・同情
●Mary(マリア)

:子供に関する全ての問題・子孫繁栄
●Kuan・Yin(クァン・イン)

:慈悲・愛することと愛されること・憐れみ・親切・自他への優しさ
●Merlin(マーリン)

錬金術・クリスタル・神の奇跡・霊能者・予言
●Saint Germain(聖ジャーメイン)

:保護・勇気・指導・癒し・インスピレーション
●Kuthumi(クツミ)

:フォーカス・人生の目的のための献身・リラクゼーション・平安・ストレスをなくす事
●Moses(モーゼ):

今このときを生きること・神とのクリアな対話・勇気・信仰・リーダーシップ
●Saint Padre Pio(ピオ神父)

:癒し・許し・霊的成長・視覚
●Serapis Bay(セラピス・ベイ)

:個人と世界の平和・アセンション・中毒と固執・芸術家・作家の努力・神とのクリアな対話


【クァインソース2008】観音菩薩

タキオン2009のようにクァイン・ソース2008の
アチューンメントを受けることにより、
あなたは異なる3つのタイプのクァイン・ソースアンテナを
創り出すことができます。
※純粋にこのエネルギーをヒーリングとして受けください。

【クシティガルバ・エンパワメント 】地蔵菩薩 

 クシティガルバは日本では地蔵菩薩(じぞうぼさつ)として親しまれています。
仏教の信仰対象である菩薩の1 人で、kuksi(大地)と、
garbha(胎内、子宮)の合成語で、意訳して「地蔵」と言います。
大地が全ての命を育む力を蔵するように、
苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包みこみ、
救う所から名付けられたとされます。
一般的には「子供の守り神」として信じられており、
よく子供がよろこぶお菓子が供えられています。

【ページ先頭へ】


【ケルヌンノスエンパワメント】

ケルヌンノスは肥沃(多産)・生命・動物・富の神です。
 ケルトにおける狩猟と動物たちの神で、冥府神(死神)としての顔も持つ。
彼が手に持つ蛇はクロウ・クルワッハであるともいう。
角を持ち、角の形はメイン画像のような鹿角が代表的だが牛角であることもある。
フランスのランスにガリア人が建てた、
アポロンとメルクリウスを脇侍とする像では角は小さく、子ヤギのようでもある。
牡鹿を従えていることが多いが、牡牛や犬、ドブネズミを侍らせていることもある。
 (ピクシブ百科事典より引用)

 
【ジーザスソース2008】
http://www.fontiny.net/products/jesus-source/
プラーナ2017のようにジーザスソース2008のアチューンメントを
受けることにより、あなたは異なる3つのタイプの
ジーザスソースアンテナを創り出すことができます。
※純粋にこのエネルギーをヒーリングとして受けください。


【ディオニシウス・エンパワメント】子宝・幸福

創始者はOle Gabrielsen様です。
ディオニシウスは春の神です。
ギリシア神話に出てくる神で、ワインの神としても知られています。
肥沃(子宝)・繁殖、幸福、再生を願う方にお勧めです♥

【ニュー・エネルギー・オブ・セントジャー・メイン】トラウマの解放

セント・ジャーメインとサナンダ(イエス・キリストの別名)
の新しいエネルギーで、一種のレイキです。
シンボルが3種類とアファメーションがあります。
ファーストレベル:「過去」、古い恐怖と義務を手放します。
セカンドレベル:全ての過去がさり、私は私自身を再び感じることができるでしょう。
サードレベル:新しいエネルギーで向上します。
私はこの地球上と宇宙における全てと一体です。


【Knowledge for life 虚空蔵菩薩】~救済・願望成就~

【智慧と福徳】の仏様です。
虚空蔵菩薩は福徳と智慧は尽きることないとされていて、
衆生の願いを叶える為に蔵から自在に福徳と智慧を
取り出して救済をすると言われている。
 「虚空蔵菩薩経」には智慧の欲しい者、人々から愛されたい者、
歌を好み第一人者となりたい者、王位の位が欲しい者、資財が欲しい者、
家族が欲しいと願う者、名声を上げたい者は「虚空蔵菩薩」の真言を唱え
名前を念じたなら叶えられると記されて虚空蔵菩薩経などに説かています。

【こんな方にお勧め】
●窮地から這い出ようと努力するものをサポート
●周囲に愛される人間になろうと努力する物のサポート
●厄払いしたい●家内安全●健康祈願●車などを扱う際の交通安全祈願
●商売繁盛の知恵を授かりたい


【ブッダ・アミターユス・エンパワメント】悟り、救い

 ブッダ・アミターユスは日本では「阿弥陀」と呼ばれ親しまれています。
サンスクリットでは「アミターユス(amitaayus)」は「無限の寿命をもつもの」を意味します。
アミターバ(amitaabha)」とも呼ばれます。無明の現世をあまねく照らす光の仏とされ、
西方にある極楽浄土という仏国土を持ちます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

《上記の説明はテキストを引用、参考、抜粋しています》

【ページ先頭へ】