ホリスティックな観点で心と体・魂の融合を貴方に寄り添いお手伝いさせて戴きます♥   

【ヴァジュラサットバ・エンパワメント】金剛薩埵(こんごうさった)~守護~

【ヴァジュラサットバ・エンパワメント】金剛薩埵(こんごうさった)~守護~
ヴァジュラサットバは金剛薩埵(こんごうさった)のことです。
 
ブッダ様のガードマン(守護神)
 
一般にはあまり知られていないが中期密教においては、
大日如来の教えを受けた菩薩で、密教の第二祖とされました。
後期密教においては、(法身普賢(普賢王如来)、
金剛総持と並んで)本初仏へと昇格しました。
金剛(ダイアモンド)のように堅固な菩提心を持つと称されています。
 
金剛薩埵は金剛手秘密主菩薩(ヴァジュラパーニ・グヒヤパティ)ともいい、
また金剛手は、またの名を散那(Sandah、サンダ)ともいう。
その由来は、ギリシャとインドの文化が融合したガンダーラ美術にしばしば登場する、
ブッダを守るこん棒を持つ神=執金剛神ヴァジュラパーニにさかのぼる事が出来る。
同じヴァジュラパーニである、インドラ神(帝釈天)とは違い、
本来はヤクシャ(夜叉)あるいはグヒヤカ(密迹、みっしゃく)とも呼ばれる下級の鬼神である。
日本の密迹金剛力士はこの時点で派生した神である。
 
ちなみに那羅延金剛力士は、ヴィシュヌ神の化身、ナーラーヤナのことである。
鬼神ヴァジュラパーニのインドでの姿形この鬼神の像は、
肥満形のヤクシャ系のほかに、ギリシャ系では裸形に腰布を巻くもの、
ワンピースを着るもの、髪がカールであったり、ざんばらであったり、
老人のような顎鬚があったり、童子形であったり、筋肉隆々であったり様々だが、
いずれにしても、腰にひねりをいれて、ヴァジュラを持ち、
右手を頭にかざす姿が共通している。右手に五鈷杵、左手に五鈷鈴を持する例が多い。
 
ウィキペディア( Wikipedia )より抜粋
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
【所要時間】 10分
 
【受講資格】 なし
 
コールインメゾット 1500円★彡